NIGHT Windows 〜東京の夜景 無料壁紙

香港の夜景

香港の夜景 (HONGKONG)


鑑賞方法
各写真をクリックすると大きな写真が見られます。
写真を閉じる時は画面を左クリックして下さい。
右クリックで「次の画像」、スライドショー時は「一時停止」です。
ダウンロードは[Shift]キーを押しながら右クリックして下さい。




香港の夜景


夏休みに家族で香港へ行ってきましたので、その時に撮影した香港の夜景を掲載します。
ツアーは時間との戦い。移動時間が長く、見学時間が短い。夜景観賞ツアーも同じで見学時間が短く、撮影も大忙し。レンズもお出かけレンズ(28−300mm)のみなので、少し残念。


1〜12 九龍から香港島へ

本島側から香港島へスターフェリーという船で渡る。「時間が無い」ということで、ガイドを先頭にツアー客全員で船着き場まで早歩き。途中足を止めて香港島側を撮影。船着き場へ着いたが、結構待たされる。それなら少しゆっくり撮影したかった。フェリーに乗り、窓越しに撮影。(高感度手持ち)


23〜24 シンフォニー・オブ・ライツ

香港島に渡ると、またもや時間が無い。シンフォニー・オブ・ライツ開始まで、あと数分。今度は船着き場から観賞場所の香港コンペンション&エキシビジョンセンターまで全員で競歩状態。ギリギリ開始までに間に合って撮影開始。三脚は持って行くのを断念したので、大型のゴリラポットで固定撮影。ただし、やっぱり微妙にブレます。水平も出しにくい。地元の人だろうか、大きな三脚で撮影している人を見ると羨ましい。
シンフォニー・オブ・ライツは最近始まったもので、最初は参加するビルが少なかったのですが、順次増えてきて見ごたえのあるものとなってきています。
シンフォニー・オブ・ライツは20時から約13分間のショーです。見終わったらすぐ集合、バスに乗ってヴィクトリア・ピークへ向かうピークトラム(登山電車)乗り場へ。


25〜39 ヴィクトリア・ピーク

ピークトラム乗り場へ着くと、乗り待ちの人でいっぱい。夜景観賞は一番人気のコースなので大混雑。ピークトラムは上り進行方向右側がお勧め。左は山しか見えません。
山頂に着くとガイドから、見学は20分間です。時間には集合してください。撮影時間は移動時間を除くと15分。最良の時間は人が多い。一番前に出れないと固定ができない。余裕無し!
香港は100万ドルの夜景として知られていますが、ビルも増え、現在換算すると220万ドルの夜景らしいです。(ガイド談)
ギリギリまで撮影して集合場所へ・・・・


40〜51 オープントップバス

市内を観光用に走る屋根の無い2階建てバス。香港は道路の上に大きな電飾看板が付いていて、2階建てバスが通れる高さくらいまで低い所にあります。普通のバスだと味わえない看板ギリギリのドライブ。迫力があるので非常にお勧めです。オプショナルツアーがあります。


52〜57 女人街

長さ400メートルの露天みたいな店が並ぶストリート。9割が女性物。Tシャツ10香港ドル(120円くらい)から。スリ注意!ぼったくり注意(だいたい店員の言い値の7〜8割で落ち着く)。


58〜63 ホテルの窓から

モンコックのランガムプレイスホテルから周りの景色。この地域は高い建物は少なく、ランガムプレイスホテルは高いため、景色は綺麗です。




1024×768の壁紙は左から
1280×960、1600×1200の壁紙は
下記からダウンロードして下さい。


1280×960

香港 1  香港 2  香港 3 
香港 4  香港 5  香港 6 
香港 7  香港 8  香港 9 
香港 10  香港 11  香港 12 
香港 13  香港 14  香港 15 
香港 16  香港 17  香港 18 
香港 19  香港 20  香港 21 
香港 22  香港 23  香港 24 
香港 25  香港 26  香港 27 
香港 28  香港 29  香港 30 
香港 31  香港 32  香港 33 
香港 34  香港 35  香港 36 
香港 37  香港 38  香港 39 
香港 40  香港 41  香港 42 
香港 43  香港 44  香港 45 
香港 46  香港 47  香港 48 
香港 49  香港 50  香港 51 
香港 52  香港 53  香港 54 
香港 55  香港 56  香港 57 
香港 58  香港 59  香港 60 
香港 61  香港 62  香港 63 

1600×1200

香港 1  香港 2  香港 3 
香港 4  香港 5  香港 6 
香港 7  香港 8  香港 9 
香港 10  香港 11  香港 12 
香港 13  香港 14  香港 15 
香港 16  香港 17  香港 18 
香港 19  香港 20  香港 21 
香港 22  香港 23  香港 24 
香港 25  香港 26  香港 27 
香港 28  香港 29  香港 30 
香港 31  香港 32  香港 33 
香港 34  香港 35  香港 36 
香港 37  香港 38  香港 39 
香港 40  香港 41  香港 42 
香港 43  香港 44  香港 45 
香港 46  香港 47  香港 48 
香港 49  香港 50  香港 51 
香港 52  香港 53  香港 54 
香港 55  香港 56  香港 57 
香港 58  香港 59  香港 60 
香港 61  香港 62  香港 63 


香港で夜景撮影をする方へ

夜景観賞ツアーで撮影をするのは、かなりきついです。できれば時間が自由に使えるフリープランで撮影することをお勧めします。

市内のホテルに泊まった場合、スターフェリー乗り場までタクシーがお勧めです。タクシーは料金が安く、目的の場所まで一直線で向かい、時間の節約になります。バスや電車で迷ったり、行き先を間違うよりよっぽど良い。タクシーは英語・日本語通じません。必ず行き先を書いた紙を用意し、運転手に見せること。

スターフェリー乗り場(チムサアチョイ・尖沙咀)はネイザンロード突き当たりの「スターフェリー・ピア」。この周りは香港島を眺めるためのプロムナード(2階建て)があり、撮影しやすそう(香港文化中心という建物の前)。撮影が終わったら、すぐ横にフェリー乗り場がある。

スターフェリーはワンチャイ(湾仔)行きに乗ろう。8分で香港島(HK$2.20)

ワンチャイ(湾仔)に着いたら、右側方向へ歩き、香港コンベンション&エキシビジョンセンター先端の海辺を目指す(約5分)。そこからの眺めは一番良い。ヴィクトリア湾に丸く飛び出しているので、本島が一望でき、香港島自体も見ることができる。そこでシンフォニー・オブ・ライツを撮影しよう。時間は20時から13分間なので、その時間は動き回って色々な方向を撮影し、それ以外はゆっくり夜景を撮影しよう。

次はピークトラムの駅を目指す。
ワンチャイ(湾仔)で撮影をした場合は、タクシーでピークトラムの乗り場まで行こう。

スターフェリーでセントラル(中環)へ行った場合は、フェリー乗り場前バス停からピークトラムの乗り場までシャトルバスが出ている。このバス(番号15C)はオープントップバスで5〜6分のドライブが楽しめる。(HK$3.20)

ピークトラムの乗り場についたらチケット(往復HK$33)を買い乗り込む。上り進行方向右側窓際が良席。

頂上のピークタワーに着いたら建物を出て左方向、ライオン・タワー(獅子亭)周辺の撮影場所(駅から徒歩1〜2分)へ。ピークタワーの屋上にも展望台があります。ライオンタワーより高いですが、混雑必至。

帰りは上記の反対のコースでホテルまで帰ろう。



ヴィクトリア湾の夜景をゆっくり撮影するのには、湾周辺のホテルがお勧め。チムサアチョイ(尖沙咀 フェリー乗り場周辺)のホテルなら、散歩がてら湾まで行けますし、スターフェリー乗り場にも歩いて行けます。ホテルも集中して建っています。

香港のタクシー、バスは恐ろしい。狭い道路をすごいスピードで、車間も取らずに走る。割り込みなんか当たり前。道路も分岐や立体交差ばかりでめまぐるしい。自分では絶対に運転したくないと思うはず。ぜひタクシーに乗って体感してください。







 TOPページへ戻る

Sitemap

TOKYO Imagination (東京想像力) パノラマ写真 PSP無料壁紙
ディズニー壁紙 携帯無料壁紙 携帯無料壁紙2 東京写真館

2009.8