NIGHT Windows 〜東京の夜景 無料壁紙


昭和大学病院 (Showa University Hospital)


鑑賞方法
各写真をクリックすると大きな写真が見られます。
写真を閉じる時は画面を左クリックして下さい。
右クリックで「次の画像」、スライドショー時は「一時停止」です。
ダウンロードは[Shift]キーを押しながら右クリックして下さい。
(Internet Explorerのみ)




今年(2006年)に入って、正月休みも明け、写真を撮り始めた矢先、デジカメが入院。10日ぐらい入院して帰宅した。それから2回ほど撮影したら、今度は父が入院。撮影に出ている暇が無い。しばらくは撮影お休みだなぁ。

父が入院した病院は、東急大井町線「旗の台駅」近くにある昭和大学病院。周りにはそんなに高いビルは無いのだがこの病院の入院病棟は17階建て。最上階にはレストランがある。しかも内科病棟はこの建物の14階。こっ、これは・・・。

お見舞いに行きますよね、普通。(デジカメ持参) 入院した部屋は4人部屋の角部屋。2方向に開いた窓はパノラマビューだよ。最近「夜景レストラン」「夜景ホテル」というのが流行っているが、さしずめ「夜景病院」という感じ。

実は私の子供二人も、昭和大学病院生まれ。夜景にあまり興味の無かった10数年前には、こんな景色 気にも止めなかった。産科もこの病棟の5階なんだけどね。

良く気にしてみると、六本木ヒルズは見えるわ、東京タワーは見えるわ、汐留、品川、お台場観覧車、遠くは横浜ベイブリッジまで見える。父曰く「日の出はすごく綺麗」だそうだ。高級高層マンションの部屋並みの眺めだった。


余談ではあるが、この昭和医大の看護婦(師)さん、みんな綺麗な人ばかり。良く気が付き、いつも笑顔で素晴らしい。子供が生まれたときもそう思ったが、10年後の今回もそう思った。はたで見ていても大変な仕事だと思う、でもそれを顔に出さずに笑顔でこなすというのは賞賛に値します。自分自身、入院の経験が無いので詳しくは分からないけど、入院するなら昭和大学病院がいいかなぁ。父はこの病院に2回目の入院。前回も退院後、ここの看護婦さん達を褒めちぎっていた記憶がある。
(看護婦さんてどこの病院もそうなのかもしれません。病院という所に縁が無い人生を送っているもんで比較はできないんですが・・・。一度は病院というところに入院をしてみたいですね。しかし病気も怪我もしないなぁ。)


昭和大学病院ホームページ


窓に貼ってある保護フィルムの為、広角撮影では空が縞模様に、望遠撮影では画像が不鮮明になっています。ご了承ください。



 TOPページへ戻る

TOKYO Imagination (東京想像力) パノラマ写真(日中)
PSP無料壁紙 ディズニー壁紙
携帯無料壁紙 携帯無料壁紙2 東京写真館

Sitemap